神前式の流れ|結婚式場の決め手|ハッピーな1日を迎えるために
式場

結婚式場の決め手|ハッピーな1日を迎えるために

神前式の流れ

新郎新婦

キリスト教式のプログラムは参列した経験などもあり、なんとなく流れがわかりますが、神前式のプログラムはあまりなじみがないため、事前にきちんと流れを理解しておく必要があります。挙式当日に緊張のあまり、体が固まってしまう場合もあります。プログラムの流れをよく頭に入れておくように注意します。神前式のプログラムは、まず、入場、参殿します。巫女の先導で、新郎新婦、媒酌人夫妻、両親、親族の順に入場します。次に、修祓の儀といって、斎主が入場してお祓いを受けます。そして、祝詞を読み上げます。三三九度を行い、誓いの言葉を読み上げます。その後、玉串奉天、指輪の儀、親族杯の儀を行い、退場となります。斎主が退場した後、入場のときと同じ順番に退場します。

本来和婚は、家と家とを結びつけるためのものという考え方から、両家の家族や親族以外の参列は認められていませんでした。しかし最近では、友人など親族以外の参列も可能になったため、人気が出てきました。和婚とは、三三九度の杯を交わして夫婦の契りを結び、玉串奉天で紙に感謝の気持ちを捧げるという挙式スタイルのことをいいます。また、ウエディングドレスを着用して結婚式を挙げる人が多いなか、白無垢姿で挙式するというスタイルがかえって新鮮で、人気が高まっています。神社の厳粛な雰囲気も素敵だと感じる人も多く、和婚が増えてきています。本来であれば、挙式は神社で行いますが、最近ではホテルや専門式場のほとんどで挙げることができます。このことも和婚人気を支えています。